早漏防止する方法とは

早漏防止をする前に、自分の早漏の種類を知っておく必要があります。
早漏には過敏性早漏、衰弱性早漏、心因性早漏などがあります。
原因は異なりますが、いずれもすぐに射精をしてしまい、自分で早漏だと自覚している点が共通しています。

過敏性早漏とは、亀頭が敏感で射精が早くなる症状のことです。
この早漏防止のためには、塗り薬や飲み薬、極厚コンドームなどが役立ちます。
亀頭を鈍感にすれば改善するので、治療は比較的簡単です。
また、包茎が原因で引き起こされることもあるので、その場合は包茎治療も考えましょう。
仮性包茎の場合はそれほど影響しませんが、真性包茎だと確実に射精を早めてしまいます。
亀頭が包皮に包まれている以上は、粘膜状態の亀頭を皮膚化させることはできません。

衰弱性早漏とは、加齢により発症する早漏のことです。
主に勃起力の減退が原因であり、ED治療薬を服用すると治るのが普通です。
勃起力の減退は射精コントロールを困難にして、予期せぬタイミングで射精してしまうわけです。
ペニスの硬さがグレープフルーツよりもやわらかい状態になると発症しやすいです。

心因性早漏とは、メンタルの影響により早漏が引き起こされるものです。
この場合の早漏防止は、悩みや不安、コンプレックスなどを取り除くことが大切です。
早漏に悩んで落ち込んでしまうと、SEXのたびに早漏を意識するようになります。
SEXに集中できなくなりますし、早漏を意識するほど射精が早くなるという悪循環になるのです。
この早漏防止法としては、パートナーに早漏であることを正直に話して、早漏防止のために協力してもらうことが大切です。
カミングアウトすることで精神的に楽になり、それだけで症状が軽減することは多いのです。

●タダポックスの詳細はこちら
タダポックスは精力増強効果あるの?
●早漏とEDを同時に治療したい方
スーパーPフォース
●早漏治療に特化した世界初の内服薬「プリリジー」のジェネリック
ポゼット

トップページへ